人生の分かれ道

消費者金融を利用して通常通りの返済ができないと事故扱いとなり、いわえるブラックになる。

消費者金融業界は、法律が改正され貸出に制限があるようになった。

こういった流れにより消費者金融は様々な事に自粛をする体制になってます。


ブラックとは何?

簡単に思いつく範囲で説明します。

返済日に支払いができない

延滞

お金を借りて期日に返済ができないと延滞と言う扱いになります。勿論、約束が守れていないのでブラックとなります。

月に1度の返済ができないと問題視されるのもわかりますね。

未払い

お金を借りて返さなければブラックです。返せないのか?返せないのか?ここでは関係ありません。返済がないと言う事が問題なのです。

自己破産

未払いよりは、よいと考えます。未払いを放置せず、法的手続きにより支払い義務をなくす。法的手続きしたとは言え、業者が貸したお金が返ってないのでブラックです。

放置している未払いよりはましでしょう。

債務整理

これも、ブラック。でも、悪くないです。

融資当初の返済計画とは異なるものの、しっかりと貸金業者に返済をする手段です。どんな形であれ返済を終わらせれば、まだ面子が保てるってもんです。

ブラックが借入する為に工夫しよう

ブラックだけで借りないとヤバイ

与信情報は審査の上で参考にする情報です。与信情報が全てではありません。

さて、他には、どんな所を見ているのでしょうか?

  • 勤務年数
  • 収入

業者によって審査基準は異なりますが確実に返済をして貰いたい金融会社は安定を欲しいって意味でも勤務年数や収入をみています。

何を工夫するか?

収入証明として振込のある通帳をFAXしてくれと言われると嘘が言えないですが勤務年数は偽る事が可能な場合があります。

偽れることは偽ったほうが良い場合もあるって事です。