「債務者(借主)の申立て」により、裁判所でなされる債務整理の手続きのことをいいます。


  1. 自己破産対象者と金額!?
  2. 自己破産のメリット
  3. 自己破産のデメリット
  4. 自己破産をした人の口コミ

自己破産対象者と金額!?

まず初めに債務の整理をします。何時?・どこから?・いくら?未払い債務を明確にし、リストアップします。

自己破産対象の金額の目安としては、総債務が「収入から生活費を引いて、3年程度で返済できるかどうか?」が目安になっています。

大体、手度り収入の20倍の債務が支払い不可能となるでしょう。

弁護士に頼むと、一件平均いくら?

実費+着手金で20~40万円程度で、さらに免責が認められた場合の報酬金として20~40万円程度

総額で40万~80万位でしょう。

何年?

この信用情報への記録は法律によってある一定期間を経たのちには、記録から自己破産の情報を削除しなければなりません。

 

自己破産のメリット

  • 債務が免除され、借金がゼロになる。
  • 借り入れ先からの督促がなくなり、精神的苦痛がなくなる。

自己破産のデメリット

  • 必要最低限の暮らしからの生活がスタート
  • 自己所有の不動産・99万以上の現金・20万以上価値のある車の没収
  • 引っ越し・長期旅行の許可が下りない
  • 自己破産成立から6年は、新たな借りれが出来ない

のことが自己破産の時効といわれるもので、この期間はそれぞれの信用機関によって違いますが、おおよそ6年~7年と言われています。

自己破産をした人の口コミ

10年程前、弟が借金を返済できなくなり連帯保証人になっていた母のところまで取り立てがきて家を売却し返済するも、まだ他にもあることがわかりやむなく 母の自己破産手続きをしました。

最初は弁護士会の相談窓口に行き、弁護士さんを紹介してもらい実際の手続きをお願いしました。

その間取立てもなく母も精神 的に安定したので結果的には良かったと思っています。

#list4