ヤミ金とは

ヤミ金とは違法な利息でお金を貸し出す金融会社の事を言う。最近では携帯電話から、いわゆる090金融とも言われている。


主に電話営業が主流になっているがヤミ金業者によってやり方が違うので変な業者で借りてしまったら大変な目にあうのでご注意を!

  1. ヤミ金の種類
  2. ヤミ金の利息
  3. ヤミ金の返済周期
  4. ヤミ金の被害
  5. ヤミ金の嫌がらせ

ヤミ金業者でも融通が利いたり、わがままを聞いてくれる所もあるので、インターネットでよく検索して、優良な所を探してから付き合うと便利に利用が出来る。但し法外な利息なのでお金をしっかり返せる時にだけ利用しましょう。

ヤミ金の種類

ヤミ金融の種類はさまざまあるが、なん通りかを以下に説明します。

システム金融

システム金融

ヤミ金業者がすべてシステム化して複数のヤミ金業者から営業がある。

俗に言う囲みと言う。これをされたら潰れるまで永遠に払い続ける事になる。

車金融

車金融

車を担保にお金を借りる事を車金融と言う。車の種類、ローン残高によって借りられる金額が変わる。よく「車で融資」と言う看板でよく知られている。

デリバリー金融

デリバリー金融

電話ボックスや電柱などにビラが貼られている。電話1本でお金を貸して貰えるけど、家を知られてしまうので返済が遅れたら督促がすごいくる。

押し貸し金融

押し貸し金融

ヤミ金業者の名簿を使って強引にお金を振り込んでくる。「融資してやったんだから、利息を払え!」と脅してくる。

リース金融

車金融のように商品をリースさせ、リース代金を徴収するいわゆる詐欺行為。

リース金融

有名なケースを挙げるとこのくらいでまだまだ沢山の手口があるのでヤミ金との関わりを持たない事を薦めます。

ヤミ金の利息

ヤミ金の利息

ヤミ金の利息は安いところで1週間1割~5割ぐらいが多いと言われている。

3万円借りたら1週間後には4万5千円で返さなくてはならない。その利息でも借りる人たちが居るからヤミ金融の存在は消えないんであろう。

悪質な所だと倍返しの10割なんて所もあるらしいのでそんな所で借りてしまったら首が回らなくなって夜逃げするしかないであろう。

ヤミ金の返済周期

ヤミ金返済周期

次に返済周期を説明します。ヤミ金業者の専門用語でサイクルと言って、1週間10日2週間1ヶ月の返済サイクルがある。

選べる業者もあるが大体は短いサイクルで多額な利息で、利益を上げているので付き合いが浅い内は1週間5割ぐらいが妥当な利息と返済サイクルだと思う。

ヤミ金の被害

ヤミ金の被害と嫌がらせ

ヤミ金関係の検挙された金額で、被害額が120億円以上と莫大な金額になってるらしいです。

検挙人数666人時件数が366件らしいですけど、検挙されてないヤミ金業者はまだまだあるので、あくまで氷山の一角にすぎません。

少なくとも300倍の事件と金額が、動いてると思われるので、ざっくり計算しても被害額は5000億円相当になります。 確かにヤミ金組織と言うものは、事務所を教えたり、携帯電話での番号を覗いて連絡先を教えたりはしたがらないもの。このため、事件を起こしても足がつきにくいと言う特徴があのも事実です。

ヤミ金の嫌がらせ

ヤミ金の被害

ヤミ金業者の嫌がらせといえば定番の電話攻撃。

返済日に返済出来ないとまずは鬼電が凄い。 その後はお決まりの緊急連絡先に電話。電話対応をしっかりすれば問題ないが、電話に出ないとどんどんエスレートする。

自宅にピザを頼まれたり、救急車を呼ばれたり、近隣の家に電話されたり、今はあまり聞かないが、直接家のポストに手紙が入ってたりと色々な手段を使って嫌がらせをし取立ててくる。

ヤミ金に借りないのが一番なのだが、どうしてもお付き合いをする場合は、確実な返済と約束を守って、利用するのが良いと思います。あくまで個人の意見なので賛否両論ですけどね。