現在ブラックの状態で、消費者金融の審査に通らない方はいつからブラックじゃなくなって審査が通るか気になります。

ブラックリスト本

ブラックリストから名前が消えれば審査に通る可能性が出てきます。

まずは信用情報機関に開示請求をして自分の情報を知る事が必要です。
開示請求の方法はこちら
   ↓ ↓ ↓ ↓
信用情報機関に開示請求するには?


返済の遅延でブラックはいつ消える?

返済遅れちゃう

ブラックリストから名前が消えるのは、信用情報機関に載っている情報が消えないといけません。

この情報が載っている期間は信用情報機関によって若干の違いがあります。

CIC、JICC、全銀協の遅延情報は5年間です

ここで注意しておきたいポイントは完済日からの計算になるので、借りている借金を滞納したままではいつまでもブラックの状態のままです。

早くブラック状態から脱出するには遅延をなくし5年間我慢すれば、遅延でのブラック情報は消えます。

債務整理をした際のブラックはいつ消える?

債務くん

債務整理の場合は信用情報機関によってブラック情報が消えるまでの期間が違います。

先ほど紹介した遅延と同じくCIC、JICCに関しては5年間で情報は消えます。

全銀協だけは自己破産と個人再生に関しては10年間になっています。

ですので長くても10年間待てば消費者金融やクレジットカードを作れる可能性が出てきます。

ただ、任意整理や個人再生の場合は返済の途中で遅延などがあるとブラック情報が残ってしまうので、債務整理の途中でも滞納しないできちんと完済してください。

ブラックリストの情報は消せるのか?

黒い本

ブラックリストに情報が登録されても消すことが出来る方法が存在はします。

消せる?

今回紹介する方法は信用情報機関に登録されている情報が間違っていた場合に申し立てをする事によって情報の訂正や変更をする事で、ブラックリストから情報を消すことが出来るようになります。

この方法を行うにあたり信用情報機関に本人から開示請求をして頂き、事故情報に間違いが無いか確認する事です。

確認する方法にも色々あります。
こちらで詳しく紹介しています。
    ↓  ↓  ↓
信用情報機関に開示請求するには?

基本的には事故情報に間違いがない場合には一定期間まで待たなければ消す事は出来ません。

もし登録されている情報に間違いがあった場合には弁護士さんなどに依頼して信用情報機関に訂正や変更を申し込む事が出来ます。

またそれ以外にも最後の返済から5年以上経過している場合と、自己破産などの免責が決定した時は銀行系は10年その他は5年で時効援用によるブラックリストを消す方法があります。

債権の種類によって時効を主張する権利が発生する期間が違うので、詳しいことは弁護士さんに相談する方がいいです。

法に基づいた事なので早めに弁護士に相談したほうがいいでしょう!


どうしてもクレジットカードなどが欲しいと思う方には方法が無い訳ではありません。

海外クレ

それは海外の銀行が発行しているカードに申し込むという方法です、

まずは海外の銀行で口座を開設してその際に国際クレジットカードを申し込みます。

日本の信用情報は参考にされませんのでよほどの事がなければ審査は通ります。

他にもデビットカードを作る方法もありますがこちらは銀行に預けている金額が限度額になるものです。

上記の2種類も参考にしていただければと思います。