世の中には色々な理由で仕事が無い人は大勢居ます。

無職なう

しかし生活をしていく上でお金は絶対に必要なものです。

今ではカードローンのように定期的な収入があればわりと簡単に融資をしてくれるローンなどもありますが、無職となると話は違い銀行も消費者金融も審査を通ることはまずありえません。

そこで融資を受けるとなると残っているのは中小消費者金融で大手とは違い独自の審査基準があり無職でも即日融資するところも少ないですが存在します。

中小の消費者金融も審査に通らなかった場合には残すのは闇金もしくは個人間融資です。

闇金に関しては安易な気持ちで融資を受けると後で痛い目を見るので利用する際には注意が必要です。


詳しくはこちらで⇒ソフト闇金で借りる 闇金とは

個人間融資に関しても同じで中には闇金・詐欺グループなどいますのでこちらも注意が必要です。

では本題の無職でも即日融資をご紹介していきます。

  1. 総量規制がある
  2. 大手の審査が厳しいところは無理
  3. 即日で融資は可能か?
  4. 返済は出来るのか?
  5. 公的支援を受ける

1、総量規制がある

総量規制解説

まず最初に注意して欲しいのが貸金業法の改正で総量規制が出来たことです。

改正後は貸金業からの借入は全部で年収の3分の1までと決まっています。

この為に収入の無い無職の人にはこの規定が適用されてしまうと借入は難しくなります。

ですがこの総量規制には50万円までの借入には適用されません。

この為に多くの消費者金融では、50万円までの融資には収入証明を出さなくてOKになっています。

ちなみに総量規制は上記で説明しましたが貸金業法を規制する法律です。

ですので銀行などの銀行系カードローンなどは対象外になります。

この他にもクレジットカードのショッピング枠は総量規制に関係はなく、現金が欲しい場合にはその場しのぎですがクレジットカードの現金化などもあります。

2、大手の審査が厳しいところは無理

やはり無職だと審査に大きく影響してきます。

融資だめ?

法律的には大丈夫でも金融機関によって審査の基準は違います。

消費者金融の審査基準に関しては←こちらで!

大手の消費者金融ではほとんどの会社で無職は審査に通らないと思います。

中には無職でも融資可能などのうたい文句を使っているところもあるかもしれませんが借りれたとしても10万円が限界だと思います。

希望金額に満たないから困るといっても10万円借りれるだけでもいいと思ったほうがいいでしょう。

希望に満たないから他の所からも借りようと思って色々な業者に申込みを入れすぎると申込みブラックになってしまい余計審査に通らなくなってしまいます。

3、即日で融資は可能か?

即日融資

即日融資が可能かは各業者によって違います。

最近の金融会社は即日融資を売りにしていると所も多いです!

ですので審査さえ通れば無職でもなんでも即日で融資を受ける事は可能になります。

即日融資といっても銀行を経由しての融資となると土日祝日は難しくなります。

大手の金融会社ではそれぞれに専用のキャッシュカードがあるので自動契約機などでカードを発行して貰えれば即日での融資が可能になります。

大手ではなくいつでも融資はOKなどの店舗があった場合には一度金融庁のデータベースで照合をしてみた方がいいかもしれません。

中には登録番号を偽って営業している悪質な店舗もあるかもしれないので注意が必要です。

4、返済は出来るのか?

ここが一番重要なところです。

???

借りるまではいいですがきちんと返済が出来るかという事です。

融資を受けてその場はしのげてもよく月から返済はスタートするのでそこで入金が出来ないとせっかく融資をしてくれたのに裏切ってしまうことになってしまいます。

ですが現状が無職だと収入が無いので返済は最初から苦しいことが予想されるので、借入はかえって自分の首を絞めることになるのでそこは理解しておきましょう。

借入をする時には返済の目途がたっていない時には諦めて別の方法を探すのがいいでしょう。

もし借入をしたのならすぐに仕事を探して返済出来るように動きましょう。

5、公的支援を受ける

無職でも勤労意欲があって実際に職探しをしているような場合には、低金利か無利息の公的融資が受けられることがあります。

体調の調子が悪く当面就職は難しく収入の見込みが立たないというのであれば生活保護を申請するという方法もあります。

どちらも公的なものなので安心して利用する事が出来ます。

これを利用する場合にはまず相談窓口があるので一度相談にいってみましょう。

ここを利用するには即日ではありませんが、消費者金融などとは違うので安心して利用できます。