まず消費者金融とヤミ金では審査が全く違います。

ヤミ金業者

消費者金融では信用情報機関などのデータを使います。

消費者金融の審査基準はこちらです。

一方ヤミ金ではそこは関係ありません。

そもそもヤミ金でお金を借りたい人は普通の消費者金融で

断られているからヤミ金にきています。

信用情報機関や法的な所をみてもブラックに決まっているからです。

ではヤミ金は何を基準に審査しているのでしょうか??


ヤミ金の審査基準

  1. 身元がしっかりしているか
  2. 勤務先はあるか
  3. 親、兄弟、親戚など連絡先
  4. 嘘をつかない

他にもあるとは思いますが重要な所はこの3点だと思います。

身分がしっかりしているか

当然ですが住んでいる家がある事は重要です。

免許

知り合いの家を転々としている様な人は信用できませんし、仕事も不安定になってきます。

身分証明書として有効なもの

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 保険所

なるべくは顔写真がついているものがいいでしょう。
場合によっては顔写真が付いていないと融資が受けれない事もあります。

勤務先はあるか

工場

これも当然で働いてなければお金は返せません。

アルバイトやパートでも大丈夫ですが、正社員で働いているなら融資を受けるのに有利になります。

アルバイトでも日雇いでは定期的に仕事が無いような場合は融資が難しい事もあります。

もちろんですが職場の在籍確認などがあるので日雇い派遣などは確認が取り辛いので融資を断られる事もあるそうです。

返済などが滞っていると勤務先に連絡が来てしまうので気をつけましょう。

親、兄弟、親戚など連絡先

これも重要なところでもし連絡がつかずに返済が滞っているような場合は親、兄弟、親戚などに連絡を入れて本人に連絡をしてもらうこともあります。

本人からしても身内の人間に迷惑はかけたくないので、連絡先を預けていればこれが担保の変わりの役割もしています。

悪質なヤミ金業者などは返済がなければ親などから取立てることもあるようです。

ここでも連絡先は確認があるので、嘘の番号など教えるとすぐにばれてしまい審査は通りません。

嘘をつかない

嘘つく?

ここが一番重要だと思います。

上辺だけでいい事を話していてもばれてしまえば全部台無しになってしまいます。

他の業者から借りているや親の連絡先などちょっと調べればすぐにわかってしまうので、小さな嘘でもついてしまう事で信用がなくなってしまいます。

嘘をつく人に貸したところできちんと返済が出来るとは思えません。

審査基準というか普通の生活ができていれば借りれます。


最近ではソフトヤミ金など返済の周期が長かったり金利も以前のヤミ金に比べれば安くなっています。

どうしても借りるような時にはソフトヤミ金もいいのかもしれません。
ソフト闇金についても書いているのでよかったら見てみて下さい。
       ↓ ↓ ↓
     ソフト闇金で借りる。