FINEとCRIN

信用情報機関では情報の交流が常に行われています。

そこで今回は情報交流について簡単に説明してみます。

情報交流にはFINEとCRINの2種類があり、FINEではCIC・JICCの2機関での情報共有です
CRINではCIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3機関での情報共有です。


1、FINE

FINE

FINEとはFinancial Information Networkの略称です。

指定信用情報機関制度に基づきCICJICCで行っている交流ネットワークです。

貸金業法では、複数の指定信用情報機関がある場合には全ての指定信用情報機関を利用する事ができ申込者の総借入額を把握出来るように情報の交流が義務付けられています。

FINEで交流されている情報内容

  • 個人信用情報
    (氏名・住所・生年月日・電話番号・勤務先など)
  • 契約情報
    (契約年月日・貸付の金額・貸付の残高・遅延の有無)
  • 申込み情報
    (ローン等の申込を受け、照会した事実を表す情報)

債務整理などの事故情報または、毎月の返済の遅れなどの情報、申込み情報などが共有されているので遅延や多重申込みなどはすぐにバレてしまいます。

これには指定信用情報機関のネットワークは、過去に債務整理などの事故を起こした人や、総量規制による制限の一杯まで借入がある人などへの融資の防止し多重債務者が増えるのを防止しています。

消費者金融などの審査に役立っています。

2、CRIN

CRIN

CRINとはCredit Information Networkの略称です。

信用情報機関同士で金融事故などの情報が共有している状態の事です。

CRINではCIC・JICC・KSCこの三社での情報を相互交流してます。

CRINで交流されている情報内容

  • 個人信用情報
    (氏名・住所・生年月日・電話番号・勤務先など)
  • 契約情報
    (契約年月日・貸付の金額・貸付の残高・遅延の有無)
  • 支払状況
    (異動発生日・情報の種類・終了情報)
  • 申告した情報
    (申告したコメントなど)

CRINで交流されている情報は返済の遅延情報や紛失・盗難・同姓同名の別人に係わる申告コメントなどです。

FINE・CRINでは随時情報の交流を行っています。

返済の遅延や債務整理などの事故情報があった時には各機関で情報の共有が出来るようになっているので、新規借入の拒否や借入中の中断が検討されるなどの判断が下される場合もあります。

例えば新規で銀行のカードローンに申込みをします。

そこで銀行は申込者の情報を全国銀行個人信用情報センターに問い合わせをするのですがこの際に申込者がクレジットカードで遅延などの事故記録があった場合には銀行はCIC・JICCなどには加盟していないのでその遅延の情報を知る事は出来ません。
銀行としてはクレジットカードで遅延している人にはあまり融資はしたくないと思います。
ですが銀行は他の信用情報をしる事が出来なので遅延などがあった事実を見落としてしまう事があり融資をしてしまうと他の色々な金融業者からの借入が可能になり、多重債務、または自己破産などの債務整理が増えてしまいます。

そこでCIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3つで情報を共有する事で多重債務などの防止になっています。