KSC

ローンやクレジットカードなどに関する信用情報を管理・登録・照会・提供しています。

加盟する会社から情報の照会依頼があった場合には与信判断の参考資料として提供していくことで、借入総額などがわかり、多重債務の防止に繋がっています。


加盟するには資格はあるの?

加盟するには何点か基準があります。

ksc-01.png

下記に該当して、基準を満たしていれば加盟する事が出来ます。

  1. 政府関係の金融機関もしくこれに準ずるもの
  2. 信用保証協会法に基づいて設立された信用保証協会
  3. 銀行または法令によって銀行と同視される金融機関
  4. 個人の与信判断業務を営む法人で、銀行や政府関係の金融機関の推薦を受けたもの。

また加盟した後にも提供された信用情報を与信判断以外の目的で使用してはいけません。

もし違反した場合には情報の利用停止や除名など罰則があります。

登録される情報とその期間

全国銀行個人情報センターに登録されている個人信用情報と登録期間は下記の通りです。

各情報は、登録期間が経過したら自動的に削除されます。

登録情報 登録期間

取引情報
ローンなどの返済状況の履歴
(入金の有無、遅延など)

契約期間中、契約終了日から
5年を超えない期間

照会記録情報
会員がセンターを利用した日
ローン等の申込み・契約の内容など

本人開示の対象は1年
会員への提供は6ヶ月

不渡り情報
手形交換所の1回目の不渡り
取引停止処分

不渡りは6ヶ月
取引停止処分は5年間

官報情報
公告された破産情報
民事再生手続開始決定など

決定日から10年間

本人申告情報
本人確認書類の紛失・盗難などの
本人からの申告内容

登録日から5年を超えない期間

情報の開示と申告

開示請求

全国銀行個人情報センターに登録されている借入状況・支払状況などを確認できる制度です。

詳しくはこちらで紹介しています。
    ↓   ↓   ↓
信用情報機関に開示請求するには?

本人申告

全国銀行個人情報センターが本人からの申告に基づいて下記の申告内容を登録する事です。

  • 運転免許証などの本人確認書類の紛失または盗難により名義を悪用される可能性がある場合
  • 全国銀行個人情報センターに同姓同名で同じ生年月日の別人の情報が登録されていて、間違える可能性がある場合

本人申告の登録には全国銀行個人情報センターに郵送による申込みのみで受け付けています。

手数料に関しては無料ですが、登録後に全国銀行個人情報センターから本人申告登録通知書などを簡易書留で自宅に郵送されるので、郵送料分の切手と必要書類を同封して送ります。

ここで登録された情報は加盟する会員からの照会を受けた際には回答され、与信取引上の判断のために参考資料として利用される事もあります。

情報の交流CRIN

全国銀行個人情報センターでは他の信用情報機関との間で情報の交流を行っています。

上記2社と全国銀行個人情報センターの3社間で情報を交流する事をCRINといいます。

情報の交流についてはこちらでもご紹介しています。
↓    ↓    ↓
情報共有FINEとCRIN