どこもお金を融資してくれる会社です。

金融機関

そこで消費者金融をベースに比較していきましょう!

  1. 消費者金融と信販会社
  2. 消費者金融と銀行
  3. 消費者金融と闇金

1、消費者金融と信販会社

まず決定的な違いは提供している商品が違います。

クレジットカードを商品として提供しているのが信販会社です。

信販会社

キャッシングも出来て、普段のお買い物でも利用できるのがクレジットカードの一番の特徴です。

信販会社ではクレジットカードの入会費と年会費が利益を生んでいます。

消費者金融が提供している商品は現金です。

申込みを受け、審査に通ればお金を融資します。

融資をすると利息が発生するのでその利息で利益を得ているのが消費者金融です。

融資の利率は信販会社の方が大分低いです。

ですが、信販会社の審査基準は厳しくて通りづらいです。

  消費者金融 信販会社
取扱い商品 現金 クレジットカード
利息 高い 低い
審査基準 通りやすい 通りづらい
利益 利息 年会費・入会費

2、消費者金融と銀行

消費者金融は貸金業法・銀行は銀行法

まずは取締っている法律が違う事で総量規制の適用に関してです。

総量規制とは消費者金融の貸金業法の中の法律なので銀行には関係してきません。

銀行

法律以外にも金利も違ってきます。

銀行の方が金利は消費者金融に比べると低く設定されている所が多いようです。

しかし銀行では変動金利を使っている為に、世の中の景気などによって金利が上下するので下がる分にいいですが上がる場合には注意が必要です。

一方消費者金融では変動金利を適用していないので、上下する事はありません。

その他にも融資にかかる時間が違います。

消費者金融では即日融資が最近では当たり前になっています。

銀行でも昔に比べればスピードアップしていますが、やはり消費者金融のスピードにはまだ勝てません。

即日で融資を受けたいのなら消費者金融に行く方が早く審査が終わると思います。

  消費者金融 銀行
法律 貸金業法 銀行法
利息 高い 低い
審査基準 通りやすい 通りづらい
審査スピード 早い 若干遅い

 

3、消費者金融と闇金

消費者金融と闇金はもう一目瞭然です!

借金。

一番分かりやすい比較が法律を守っているか守っていないかの違いです。

消費者金融では利息制限法を守って上限金利を超えない範囲で融資を行っているのに対して闇金ではまったく上限金利なんかは気にしていません。

よくトイチなんていいますが、最近ではトサン。トゴなどありえない利率で貸付を行っています。

そこで返済が遅れてくると担保に取られている親兄弟や勤務先などに連絡が来たり取立てが激しくなります。

  消費者金融 闇金
認可 申請している 申請していない
利息 法律の範囲 法外な利息
審査基準 信用情報など 独自審査
担保 原則不要 親族や勤務先