借入した借金を整理する方法はいくつかあります。

自己破産、任意整理はどちらも債務整理になります。

債務整理にはこの他にも方法があります。
詳しくはこちら【選べる4種類の債務整理】

自己破産については自分の持っている車などの財産を手放さなければいけませが、借金はなくなります。

任意整理については弁護士などに間に入ってもらい、金融業者との話し合いで借金を整理する方法です。

自己破産、任意整理共に手続きが開始された時点で債権者からの取立ては止まります。

今回はこの2つはどうすれば申し立て出来るのか詳しく説明したいと思います。


  1. 申し立て先
  2. 申し立てをする人
  3. 成立要件
  4. 成立後の借金

申し立て先

jikohasan-1.png

自己破産の場合⇒地方裁判所

○○ローン

任意整理の場合⇒整理したい金融業者

自己破産、任意整理どちらにしても申し立てが必要です。

自己破産に関しては本人で出来ますが、任意整理に関しては金融業者との交渉が必要になるので専門の弁護士、司法書士など相談する方がいいでしょう。

申し立てをする人

弁護士

自己破産の場合⇒本人

任意整理の場合⇒弁護士、司法書士(本人でも出来るが頼む場合が多い)

任意整理では両者の合意が必要になってきます。

その為金融業者との減額交渉が必要になり、相手の金融業者をこちらが出した条件で合意させなければいけません。

合意が出来なければ任意整理を開始することが出来ないので、本人がやるよりも専門の弁護士などに頼んでしまったほうがいいでしょう。

成立要件

自己破産の場合⇒破産手続き開始決定

交渉成立

任意整理の場合⇒相手との合意

自己破産では成立要件を満たすと借金がなくなります。

今後借金をはらう事がなくなります、これが自己破産の特徴になります。

そのかわり持っている車やマイホームなどの財産は全てなくなります。

返済で普段の生活が出来ない場合に認められる事になるので抱えている借金もゼロにしてもらえる制度になります。

成立後の借金

自己破産⇒ゼロ

jikohasan-5.png

任意整理⇒利息制限法により借入金の減額

任意整理では利息制限法により借入金額が減額される場合があります。

将来的にかかってくる利息はカットされるので確実に返済さえすれば減っていきます。

高金利で5年以上返済している方などは再計算した結果、借入金が全て無くなり逆に過払い金で返済したお金が戻ってくる事もあります。


自己破産、任意整理どちらを選ぶかはその時の本人の状況によってベストの選択があります。

自己破産に関してはもう生活が出来ないぐらいの人には借金がゼロになるで有効かもしれません。

任意整理に関しては長い間返済し続けている人には過払い金も帰ってくる場合があるので有効です。