債務整理にも色々種類ががあります。

今回はよく使われている自己破産と任意整理の費用について紹介していきたいと思います。

債務整理の費用

それぞれ特徴があり、そのときの自分の状況にあった方法を選ぶといいと思います。

あともう1つ大事なのがかかる費用です。

債務整理をするって事はお金に非常に困っていると思います。

そんななかで高額な弁護士費用を支払うのは至難の技です。

支払い方法も一括だけなのか?

それとも分割は対応してくれるのか?


ほとんどの方は弁護士や司法書士にお願いすると思います。

ここでは今回は債務整理にかかる費用の相場について調べてみました!

自己破産の費用

自己破産の弁護士費用は事務所によって設定金額はばらつきがあります。

自己破産費用の相場
実費・着手金 20万円~40万円
報酬金 20万円~40万円

上記の金額が大体の相場だと思います。

有名な弁護士や法律事務所では支払う金額が高額になる場合もあります。

ですが安すぎると正直不安になる事もあります。

個人的な意見ですが金額の話よりも依頼する弁護士さんが親身になってきちんと話を聞いてくれるかなど信頼できるかが一番の選ぶ基準だと個人的には思います。

ネットで検索をかけると色々な法律事務所のホームページが出てきます。

数がありすぎてどこに依頼していいか迷ってしまうと思うので、最低限は抑えておきたいポイントをご紹介します。

  1. ホームページに金額がきちんと記載されている
    ここは絶対のポイントで、相談する人も1番気になるのがやはり金額だと思います。
    相談者の事を一番に考えている事務所なら金額が記載されているのは当然です。
  2. 実績が豊富
    ここも大事なポイントで、やはり弁護士さんにも得意分野と不得意分野があるので、これまでに債務整理の実績が豊富で得意分野の弁護士さんに相談するのが一番です。
  3. 無料相談がある
    まずは話してみないと相手の事はわかりません。
    この無料相談の電話で質問に対してきちんと答えてくれるかや費用に関しても曖昧ではなくきちんと答えてくれるかなどを確認しましょう。

任意整理の費用

任意整理に関してもやはり弁護士事務所によって金額は変わってきます。

自己破産費用の相場
着手金 2万円~5万円
報酬金 減額された金額の10%程度

任意整理は債務整理の中でも最も簡単に出来る方法です。

着手金も比較的に安くなっているので、お金のない方でも安心して出来ます。

上記で紹介した着手金は1社につきの値段なので複数の会社から借入がある場合には着手金も増えていきます。

中には2社以上なら割引などもあるのでこれも参考に選んでもいいと思います。

会社の数が多い場合には金額もそれなりに増えてしまうので分割で費用の支払が出来る事務所選びも重要です。

着手金以外にも成功報酬があり、減額や過払い請求での減額の割合を支払わなければいけません。