概要」はブログの内容を簡潔にまとめた短すぎず長すぎない、ちょうど良い説明文を入れましょう。
※ブログ内で使っているキーワード を上手く埋め込んで文を作ります。

概要」はgoogle検索でユーザーが検索したとき、サイト名の下の説明分として表示される文章になります。


検索ユーザーの目を止める、とても大切な文章になります。
思わずクリックしたくなるような文章になるようにしましょう。

★googleで検索されたとき、設定した概要はこのように表示されます。
↓クリックで大きい画像になります。


キーワードを設定しましょう!

キーワード」はページ内で多く使われている単語、またはテーマにした単語を使います。
3~5個(前後)を設定します。

どのキーワードが多く使われているのか、キーワード出現率チェックで調べ、多く使われている単語をキーワードとして設定しましょう。

キーワードの書き方は、単語をカンマ, 」で区切って記載します。

例→ 猫,トイレ,しつけ


実際に"概要"と"キーワード"を設定しましょう!

概要」と「キーワード」が理解できたら実際に設定してみましょう。

作業の流れ

  1. 記事を書くためのテーマ(ワード、単語)を考える
  2. ブログタイトルとブログ記事を作成
  3. 作成した記事を投稿する
  4. 投稿したページをキーワード出現率チェックでチェック。キーワードを設定する
  5. 設定したキーワードを上手く絡めた概要文を作って設定する

★「概要」と「キーワード」を設定する場所は、ブログ記事の作成の、本文を入れる部分の下にあります。
↓クリックで大きい画像になります。


概要とキーワードの重要性 サーチエンジン視点

※webページを右クリックして「ページのソースを表示」をすると、そのページのソースコードを見ることができます。

googleやyahooは検索ロボットと言うシステムプログラムでwebページを巡回しています。

webページにたどり着いた検索エンジンがまっさきに目を通すヶ所が「概要」になります。
今のgoogle検索ロボットはキーワードを重要視してはいませんが、yahoo検索ロボットはキーワードを重視しています。

概要キーワードが書き込まれるMETAタグの説明

<meta name="description" content="概要が入るコードです。「description」とは「説明」と言う意味になります。" />
<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード" />

どちらも重要だと言うことを念頭におきましょう^^/

★概要とキーワードがMETAタグに設定されている様子を見てみましょう。
↓クリックで大きい画像になります。