例えば計画性を持ってお金を借りる、返済もスムーズに行える。
借りたお金だったとしても、有効利用した経験が今後に繋がったり、何かしら手元に残っていたり、得るものが有り無駄でなかった場合、仮にサラ金(消費者金融)の借金だったとしても「借金は財産」になる。

理想を描いてプランを立て、計画通りに事を進め、結果を出すと言うことは簡単そうに見える。
けれど、想像するほど容易ではない。

人は以外と心身ともに薄弱なのだ。
理性や精神力、他の欲求で突き動かされ頑張る事ができるが、ほんの些細なつまづきで一気に転倒する事もある。
気がつくと快楽的な欲求だけに支配される事もある。

どこで何が起き、どうなるかなんて分からないのだ。

借金地獄、自転車操業、多重債務、そんな借金地獄に陥りやすい人には、共通する特徴が多く見られる。

※ここで言う借金地獄は、無計画で快楽的など、他人から見て同情できない、共感性の無い多重債務者を指しています。

借金を重ねる人は精神的な病気です。
もう一度言います。「精神依存と言う心の病」です。

サラ金(消費者金融)の借金地獄になりやすい人の特徴を書いていきたいと思います。


サラ金(消費者金融)借金地獄になりやすい人の特徴

サラ金(消費者金融)借金地獄になりやすい人の特徴一覧

  • 全体的に理性が低い(我慢ができない)
  • 見栄っ張り
  • 贅沢施工
  • 嘘つき
  • 虚栄を張る
  • 無責任
  • 無計画
  • だらしない
  • 片付けができない
  • 言う事とやる事が違う
  • 優柔不断
  • 楽観的
  • 浪費癖
  • 適当な金銭感覚
  • 自分の事しか考えられない
  • 賭け事が好き
  • 借金したお金を自分のお金だと思う
  • 返済に当てるお金を他から借りるのが当たり前
  • 人からお金を借りる事に慣れている
  • ずる賢い
  • 絶対やめられない嗜癖がある(高い依存性質)

などです。
特徴を上げたと言っても、借金をしていない人でも当てはまる点もあったりするとは思います。
ですがサラ金からの借金癖がある人とは上記のパターンがほんとに多く当てはまります。

まわりから見るとお金の使い方につっこみどころが満載だったりします。

上記の特徴をしないようにしていけば、借金をする事も無い、とも言えます。
逆手に取ってサラ金(消費者金融)借金地獄に落ないようにしましょう!