実際にお金を貸す 借りるって事になったとします。
そんな時、借用書の書き方って知ってますか?

印鑑も押して

私は、お金を借りる時もですが借用書が存在した方が安心なので作りたいと考えます。

お金を借りる方法として、個人からの融資は裏技とも思えます。
借金問題は、トラブルが多いのでお互い嫌な思いをしない為にもお金を貸す・借りる時は契約の証明として借用書を書き作成ましょう。


貸したお金を証明する方法

ネットサーフィンしてると稀に見かける「個人でお金貸します」って文字!
尚更だと思いますが個人融資の場合、借用書の書き方と意味を簡単に案内しますので作成する事をオススメします。

個人融資を想像した。僕がお金貸します!

お金を貸しますって人、借りる方法を模索してる貸して側も簡単なのでトラブル防止として、借用書の書き方や意味を理解しましょう。

仮に契約書なしでお金の賃借があった場合、当人同士の話で信用融資。
口約束となり、書面で契約を明らかにする事が困難で金銭トラブルとなった時に言った言わないの水掛け論が予想されます。

お金を借りる時や貸す時は、個人で金銭の賃借を行うなら簡単に作成できる借用書が証明する契約書に最適です

借用書の意味

契約成立

まず、金銭の賃借を証明する契約書を「借用書」と「金銭消費賃借契約書」をご紹介

どちらも約束を明確に証明する書類です

  • お金を貸します・借りる方法の日時や金額を証明
  • 利息や返済など貸し借りの約束を証明
「借用書」と「金銭消費賃借契約書」の違い?
借用書
賃借の事実や契約を証明する為に、お金を借りる側が署名・捺印してお金を貸す側に預け保管となります。(連帯保証人が存在する場合は連帯保証人にも署名・捺印を頂く必要があります。)お金貸します側は署名をおこなわなくっても良いので比較的簡単な書き方で賃借を証明する方法です。
金銭消費賃借契約書
お金を貸します側・借りる人、それぞれが署名・捺印を行い双方が各1通ずつ金銭契約書を保管します。(連帯保証人が存在する場合、連帯保証人も署名・捺印を行います。3者が各自、金銭契約書を保管できるように、3部作成することになります)金銭の賃借に関わった人、全員が契約書を保管するため、個人でもトラブルを招くことが少なくなります。

個人でお金貸しますが高額な場合は簡単な書き方で作成できる借用書より、少し面倒だけど金銭賃借契約書の方法が正しいかと思います。

借用書の書き方

検索エンジン大先生

難しく考えることは、ありません。GoogleでもYahooでも検索すると多くのサイトが借用書の書き方を解説してます。簡単なはずなので借りる方法を探してる人も私と一緒に作ってみよう。

債権者と債務者
誰がお金を借りる債務者で、誰にお金を貸したが明らかにする事で責任と権利が明確になります。
賃借の日時や金額
いつ、いくら、貸したのか?いつ、いくら、借りたのか?を日時と金額を明記してトラブルを未然に防ぐ方法。
弁済期
いつ?、いくら?、何回で?、返済するのか、期限・金額・返済回数の書き方あります。
利息と支払い方法
融資・借りるの条件を明記。金利の設定や返済方法を明らかにすることでトラブルが防げます。

借用書の法的効力

融資の時に作成する借用書って法的に、どのような意味があり、効力が秘められているかご存知ですか?

貸したお金を取り戻す為には、借用書の書き方を理解したからと言って安心はできません!
実は、借用書だけでは法的効力は御座いません!

法的効力を求めるなら公正証書

ここでは詳し方法をご案内しませんが、日本各地に国の機関として公証人役場って所が存在します。そこに必要書類や手数料を持って行くと公証人と言う人が公正証書と言う物を作ってくれます。

国の機関である公証人役場が作成する公正証書は債務者が期限の利益を失った瞬間、手続きをすれば裁判なしでも強制執行を行う事ができる方法です。

債務者がお金を借りたい一心で返済方法を曖昧にしていると、支払いが遅れた時、個人融資でも差し押さえができる凄い契約書ですが債務者に差し押さえる財産が無い場合、この方法でも効力がありませんので安心はしないでください。

借用書の役割

お金を借りる債務者が返済日に支払いを怠り、入金が確認できず、貸した金が返ってこないなんて、お金の貸し借りではメジャーな話。

こんな時、借用書の法的効力は、ありません!
じゃ、借用書を作成する意味ってあるの?
時には、タダの紙切れかも知れません!

しかし、借用書を作成する事によって次のメリットが考えられます。

裁判官さま
貸し借りの証明
人間、自分が一番可愛いんです。死地に立つと怖いものなし!個人からお金を借りる方法とか貸しますってのは裏技に近いですが、簡単な借用書の書き方を覚えて作成、書面にする事で金銭の賃借が存在する事実が証明されます。法的効力がなく、直ぐに裁判所に頼ることができなくっても、借用書を持っていれば貸したお金に対して取り立て行為が可能。諦めず辛抱強く、堂々と回収に励めば返済に繋がるかも知れませんよ
契約が明確
書き方は、様々ですが書面で契約を明らかにしている事で返済日や金利をプラスした返済額が明確です。お互い言い訳できない状態ですので返済のトラブルが少なくなります。
裁判に有利な証拠
順序があるので、返済が遅れたからと言って直ぐに裁判を起すことは困難ですが順序を守れば法的処置だって可能。借用書は裁判の時、お金の貸し借りが存在した証拠として認められる可能性が大きい、有利な契約書です。

契約金で変わる印紙税

収入印紙に消印

印紙税法で定められた課税文書というものが存在するようです。
個人でお金を貸します・借りる方法でも契約の証明として利用する借用書は課税文書に該当するようで収入印紙の貼付が義務付けられてます。
また、同じく印紙税法で定められてる「課税文書には収入印紙を貼付して消印」ってのも義務付けられています。

1万円未満 非課税
10万円以下 200円
10万円を超え50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下 1千円
100万円を超え500万円以下 2千円
500万円を超え1千万円以下 1万円
1千万円を超え5千万円以下 2万円
5千万円を超え1億円以下 6万円

借用書の契約金額に見合った収入印紙を購入して借用書の契約書面に邪魔にならないところだったら、どこでも構いません。

印紙を貼付したら消印しましょう。
割印とも呼ばれていると思います。